×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

マカで活力ある毎日に!マカの特徴、マカの成分、マカは理想の健康食品!

マカの栽培される場所は、ボンボン高原と呼ばれるアンデス山脈の4,000m以上の高地です。赤道直下のため、日中は強い直射日光にさらされていますが、高度が高く風が強いため、年間を通じて平均気温は7℃以下と非常に厳しい気候です。夜は零下10℃まで下がります。 こうした厳しい自然環境の中、土壌が肥え、亜鉛をはじめとするミネラルを豊富に含んだごく限られた土地でマカは栽培されています。 原産地での栽培法は、種をまき、あとは雑草も病害虫もないので雨を待つだけの全くの自然農法です。10、11月が種まき時期で、収穫は翌年の6、7月。一度栽培すると数年間は土地を不毛にしてしまうといわれるので、マカを栽培した後は羊などの家畜を飼い、5〜6年土地を休ませ、家畜の堆肥が十分になじんでから栽培を再開するのです。アンデス地方に住む人々の間では、古来よりマカを食べる人は、頑健、長寿、理性に富むとも言われ現在まで言い伝えられています。 また、アメリカのNASAでは宇宙飛行士の食料として、マカを取り入れています。宇宙飛行士のような重要かつ危険な任務を遂行するには、常に体調を整え頭脳が明晰で反射能力が最高の状態を維持する必要があり、マカはそれらを満たす食品なのだそうです。

マカ伝説

スペイン人がインカ帝国を征服できたのはマカのお陰で、これは、それまで経験したことのない厳しい自然環境の中で、連れてきた馬の栄養素として、マカが絶大な力を発揮したからであった。スペイン人達は、海抜4千メートルに位置するペルーの高地・プーナの気候に馬が馴れるのは非常に難しいだろうと考え、馬が交配して仔馬を造ることなく死んでしまうのを恐れたのである。ところが土着民達に教えられて「マカ」の耕作地で馬にマカの葉を食べさせたところ、馬の繁殖はよみがえり、盛んに繁殖するようになり、絶滅することが避けられたのであった。こうしてスペイン人はインカ帝国を征服し、マカの活性力は伝説として語り継がれています。


マカ




1